離婚の法律的慰謝料請求

浮気やDVなど配偶者の有責で離婚する場合、法律上、相手に慰謝料を請求できます。慰謝料は、裁判で判決を得て確定する場合と、裁判以外の協議で両者が合意して確定する場合があります。前者は、配偶者との協議、調停を経て裁判となるため長い時間と多くの費用が掛かる上、最高300万円程度しか貰えませんが、法律上、確固たる権利が得られます。後者は、両者の合意があれば短期間で決着し、費用も少なくて済みます。ただし、自由に金額を決められる事もあり、社会通念上、妥当とは言えない金額であったりすると、一度合意してもその合意自体が無効になったり、支払いを拒絶される場合があります。どちらの場合も一筋縄ではいきませんが、弁護士などの力を借りて全て任せる事も可能ですので、自分に合った方法を選択すると良いでしょう。

離婚問題は弁護士に相談

離婚相談をするのであれば、弁護士に相談するのが良いです。その理由は、法律的にどのような要件を満たせばできるのかといったことを具体的に教えてもらうことができるからです。夫婦相互が互いに同意しているのであれば、わざわざ相談をする必要はありませんが、離婚をしたいということで悩んでいる場合はたいていは片方のみがその主張をしている状態です。そうなれば、法律の要件を満たしていないと別れることはできません。そのため、相談をして具体的なアドバイスをもらうことは重要です。したがって、悩んでいるなら弁護士を頼りましょう。

↑PAGE TOP