相続問題は弁護士に任せましょう

被相続人が亡くなると、必ずといって良いほど、身内の間で金銭問題の争いが起こるので、生前に弁護士に相談しておくと安心です。今住んでいる土地と家と少額の預貯金だけで、大した財産はないから、遺族が揉めることはないだろうと思うのは、実は大きな間違いなのです。お金は、人間に理性を失わせる1つの要素ですから、相続問題は、金額の大小に関わらず起こる醜い争いであることを自覚しましょう。そこで、生前に弁護士に相談して遺言書を作っておくなど、対策を講じておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP